ヨーロッパの一流イラストレータ イタリア、フランス、ベルギー、ドイツで活躍中のアーティストを紹介
   
 

立体と筆描き、すごいなと驚きます

| 2004年05月13日 19:14 | 吉村正臣 |

Samuel Ribeyron(フランス)
サミュエル・リベイロン

「philbert」

sam1 フランス語

本当に達者な人ですね。いろんな人物が、とても楽しそうに、イキイキと表現されています。その人達の衣服や、建物なども見事なデフォルメです。さて、絵は紙粘土か?で立体的に作った人と、木や布、紙で作った造作物と筆で描いた背景が合成されて、描かれています。これら異なったものを、どう1枚の画面に仕上げたのでしょうか…立体物、背景物などをセッティングして撮影しプリントする、その印画紙の上に筆で描いたのかな、と推測しました。立体物と筆との関係が一体化されているので、立体物と筆描き部分の違和感がまったくありません。まあ、そんなことを考えず、絵の楽しさだけをみてもらたらいいのでしょうね。この手の込んだ作品、実際に、絵本を見てもらえればいいのですが。

sam2

sm3

sam5

sam7