ヨーロッパの一流イラストレータ イタリア、フランス、ベルギー、ドイツで活躍中のアーティストを紹介
   
 

醜悪な美 子供は何を感じるだろう?

| 2011年01月25日 17:08 | 吉村正臣 |

Susanne Janssen(ドイツ)
スザンヌ・ジャンセン

「Hänsel et Gretel」
ヘンデルとグレーテル

sus1 フランス語

非常に上手な人だと思います。また、発想が止めどなくあふれ、それを腕がどんどんカタチにしていける才能があるのでしょう。そして人々に、思いもよらなかった表現は、常識を破り、ショックさえ与えるでしょう。パリの書店では、この本以外にも常時数点あります。いずれも、他を圧する強さと意外性があります。好き嫌いは別にして、紹介しなければならない作家だと思います。
この本は、4〜6歳向けとされていました。日本では考えられません。フランスの子供は喜ぶのでしょうか。テクニックはとてもうまい、が絵は醜悪でもある。キレイでなければならないとは決して思わないが、これでいいのか…悩んでしまいます。ストーリの説明をしているよう絵なのだが、大胆なコラージュで、よくわからなくしている。いったい何を訴えたいのだろうか、きれいさ、かわいさばかりではないということか、個性を強く持てということなのか。しかし、常に取り上げてしまう“絵の力”をもっています。
作家は、1965年ドイツ生まれ。1994,1997年のにブラチスラバ世界絵本原画展のグランプリ「黄金のリンゴ賞」を受賞している、超大物です。

sus2

sus3

sus6

sus7

「La leçon de piano de Madame Butterfly」
マダム・バタフライのピアノ・レッスン

sus-1 フランス語

sus-3

sus-4

sus-5