ヨーロッパの一流イラストレータ イタリア、フランス、ベルギー、ドイツで活躍中のアーティストを紹介
   
 

Salon du livre et de la presse jeunesse
 「パリの絵本市」2011

| 2011年12月20日 12:39 | 吉村正臣 |

ポスター 会場前景会場俯瞰

フランス・パリでの「絵本市」が、11月30日から12月5日までパリの隣町・モントリュイル市で開催されました。年々華やかになっていくようで、フランスの出版社ばかりかヨーロッパ各国からの出展が多くなってきています。また、作家の出席も多く、講演会、出版社コーナでのサイン会が随所で開かれていました。そのための作家(文章・イラストレータら)約500人の来場時間表も発行されるほどです。一般の愛好家以上に、近隣の小学生が課外授業として多数来場して、お気に入りの絵本を探しまわり、たいへん賑やかな会場となっています。今年はi-padの普及と人気で、i-pad利用の動画やアニメが会場の一区画をしめ、教育ソフトの紹介・実演では小学低学年の子供たちが画像を見ながら声を上げていました。春のイタリア・ボローニャで開かれる『ボローニャ国際絵本展』より、コンパクトで、最近発行された絵本だけを見ることができます。またお気に入りを見つけるとその場で購入できるので、楽しさも増すと思います。

会場場所、交通は・・・
<会場>Espace Paris-Est-Montreuil
<住所>128, rue de Paris 93100 Montreuil
<交通>メトロ6線 Robespierre 下車すぐ

本コーナー1作家1会場2i-pad1i-pad2

またこの時期、パリの大型書店では、絵本やマンガの催しが開かれることもあり、これらをはしごするのも良いでしょう。
Fnac Paris-Montparnasse   (催しが多いお店:フナック・モンパルナス)
136, rue de Rennes Paris 75006

フナック1フナック3フナック2

オープニングセレモニーのテーマイベントを担当した2名のイラストレーター<Emmanuelle Houdart><Benoît Jacques>の作品を別途掲載します。