ヨーロッパの一流イラストレータ イタリア、フランス、ベルギー、ドイツで活躍中のアーティストを紹介
   
 

新しい作品ながら、これぞヨーロッパの伝統的絵本!

| 2013年04月27日 12:14 | 吉村正臣 |

Iban Barrenetxea  イバン・バレネチュア(スペイン)

Bombastica naturalis

Iban Barrenetxea表紙

フランス語

お話の内容は、主人公は科学者で植物学者にして発明家。洋梨の気球、オリーブの銃など、くだものや植物を使い、次々と奇想天外なものを考え出します。
男性、女性、青年たち、なんて表情豊かなのでしょうか。ユーモラスであり、リアルです。建物にしても、木々にしても、実に細やかに息をぬくことなく描かれています。全体の色合いも、バックを全体に、もやった調子にしているのも、絵のドラマ性を引き出す効果となっています。うまい!すごい!いい映画を見ているぐらいの深さを与えます。絵はドラマチックで、比喩というか、空想力がすごく大胆で、久しぶりに、本格的な作家に出会えたと感じます。今まで、見逃していたのが恥ずかしくなりました。彼の作品の中で、この本が一番いいと思いますが、今後注目しておきます。
1973年 スペインの北、フランスに近いバスク地方の、伝統的な文化のある町に生まれています。2008年イタリアの有名なイラストレーション展「le immagini della fantasia」に作品が選ばれたほか、2011年ブラチスラバ世界絵本原画展金牌賞、スペインのエウスカディ文学賞・イラストレーション部門賞も受賞しています。

Iban Barrenetxea1

Iban Barrenetxea2

Iban Barrenetxea7Iban Barrenetxea9