ヨーロッパの一流イラストレータ イタリア、フランス、ベルギー、ドイツで活躍中のアーティストを紹介
   
 

なんとショックな絵なのだろう、しかし引き込まれてしまう

| 2014年12月31日 12:00 | 吉村正臣 |

Emmanuelle Houdart
エマニュエル・ウダール(スイス 現パリ在住)

SALTIMBANQUES
曲芸師

emmanuelle1

フランス語

なんと奇妙な絵だろうか。一般に絵本と言えば少しは楽しいか、美しいか・・・と思うのですが、これはその逆、怖くてグロテスク。日本では、差別だとか冒涜とかで騒ぐ人もいそうな絵です。しかし魅力があります。非常に緻密に、ていねいに描かれています。色の塗り方も神経が行き届いています。静かな画面の裏から、闇に放つ彼らの声が聞こえてくるようです。

1967年生まれ。シヨンとジュネーブの美術学校で学ぶ。絵画のディプロムを取得。1996年から画家・イラストレーターとして活動。その他、雑誌や日刊紙に作品を提供。これまでに20数冊の絵本、5冊の作品集を出版。
受賞歴
2003 絵本「Les Choses que je sais.」でオクタゴン賞(グラフィック部門)
2005 絵本「Monstres malades.」でボローニャ国際絵本原画展・ラガッツィ賞(フィクション部門)
2006 絵本「Les Voyages merveilleux de Lilou la fée」でGrand Prix jeunesse de la Société des gens de lettres受賞

emmanuelle5

emmanuelle3emmanuelle7emmanuelle8

恐れ入りますが売り切れました。

この絵本のお取り寄せと、仕様/価格は:http://illust-euro.ocnk.net/product/183
お届けには、約1か月ほどかかります。あらかじめご了承の上お申しください。

エマニュエル・ウダールの他の本もご覧ください。
http://illust-euro.ocnk.net/product/61
http://illust-euro.ocnk.net/product/176
http://illust-euro.ocnk.net/product/85