ヨーロッパの一流イラストレータ イタリア、フランス、ベルギー、ドイツで活躍中のアーティストを紹介
   
 

現代を鋭く描く、巨匠だろう。絵の具の魔術師でしょう

| 2014年08月29日 22:00 | 吉村正臣 |

Gianluigi Toccafondo(サンマリノ)
ジャンルイジ・トッカフォンド

GIOSUÉ CARDUCCI
NU POETA A BOLOGNA
ジョズエ・カルドゥッチ
(ボローニアの詩人)

toc1 イタリア語

いい絵です。優れたデッサン力、大胆でモダンな色彩、ほめすぎではありません。筆の流れるような動き、自由奔放にデフォルメする画面、これは絵画のお手本です。
今日、これほど自由に描ける人は、まずいないでしょう。現代を代表する作家を一人あげるとなれば、この人があがるのではないでしょうか。イラストレーターをこえ、アーティストとして幅広い作品を発表しています。
この絵本は、弾圧された詩人とその時代を描いている、リアリティのある内容の重い秀作です。黒の深さ、赤の訴え、ぜひ手に取り、ご覧いただきたいものです。
作家は1965年、サンマリノに生まれています。イラストレーターとして、イラスト・ユーロで取りあげましたが、カンヌ、ベルリン、ヴェネチアの映画祭で数多く賞を受賞する映像作家としても有名です。イタリアの映画配給会社ファンダンゴのタイトルバック映像は、ご覧になった方がいるかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=-aVvj4PRBF4

絵本は、イタリアの国民的詩人で、ノーベル文学賞を受賞したジョズエ・カルドゥッチを主人公にしたものです。トスカーナ地方出身の彼が、ボローニャ大学教授となり、ノーベル賞を受賞するまでの日々が描かれています。

toc13toc11

toc4

toc7

すみません、売り切れました。