ヨーロッパの一流イラストレータ イタリア、フランス、ベルギー、ドイツで活躍中のアーティストを紹介
   
 

しっかりした絵を描きます。マンガから美しい風景まで広い発想です

| 2017年12月13日 18:40 | 吉村正臣 |

Charline Collette シャルリンヌ・コレット(フランス)

1986年、フランス東部、スイス国境に近い小さな村に生まれました。版画の勉強をエスティンヌ美術学校で、BD(フランスのマンガ)はアングレム(マンガのメッカ)で、シルクスクリーンはパリ美術学校で、イラストレーションはストラスブルグ装飾美術学校で学ぶました。引き続き、同校のマスターコースでイラストレーターの社会経済的条件に関する論文を研究しました。学校を卒業し、2015年1月に最初の絵本「J’ai mal partout」を出版。以来、絵本ばかりか、小説の表紙、新聞などのイラスト、子供達へのワークショップ、絵の先生など、イラストレーションと絵画を中心に制作活動に没頭しています。

しっかりと有名な美術学校で学んで来ただけあり、確かな絵が描ける人ですね。また、BDから発想した傾向の作品、子供向けの絵本の領域で描くポジションを設定推した作品、実験的な作品など、想像力にも広がりがあります。描くための技術が安定しているために、いろんな方向に走っても、一定の力量が示されるのでしょう。色彩がきれいで、シャープです。ロマンチックな気分にさせてくれます。今後とも、注目の作家です。

Charline Collette9Charline Collette2Charline Collette5Charline Collette12

イラスト・ユーロの絵本ショップは:http://illust-euro.ocnk.net