ヨーロッパの一流イラストレータ イタリア、フランス、ベルギー、ドイツで活躍中のアーティストを紹介
   
 

テキストを読み、各見開きページに登場する動物を探してください

| 2017年10月08日 11:32 | 吉村正臣 |

Anne-Margot Ramstein アンヌ=マルゴ・ラムスタイン (フランス)

Faune & Flore
咲いている、生きている

faune&flore表紙

フランス語 翻訳付
出版社: Les Grandes Personnes

作家は、インド洋に浮かぶフランス海外県・レユニオン島出身。パリで美術の勉強をし、その後ストラスブール装飾美術学校でイラストを学びます。2011年には、初めての絵本を出版。その後、ル・モンド、リベラシオンなどフランスの新聞・雑誌に作品を提供します。米国ボストン、フィラデルフィアで展覧会を開催。2015年ボローニャ・ラガッツィ賞・ノンフィクションの部で、アルバム“Avant Après”が、最優秀賞を獲得しました。
2015年から1年間、フランス文化省の奨学金を得て、ローマのヴィラ・メディチに滞在。この絵本は、ヴィラ・メディチでの創作活動の集大成として作られました。

この絵本は一見、絵とテキストの内容が合ってないように思えます。描かれているのは植物。テキストでは動物のことを語っているからです。動物は植物の影の部分に隠れていて、だまし絵のように描かれています。テキストを読みながら、各見開きページに登場する動物を探してください。答えは最後のページに掲載されています。植物と動物が共存して生きる自然界を洗練された画法で表現しています

植物を図式化し、美しいデザインで構成。花、草がたいへん繊細に観察し、その細目の特徴をとらえ表現しています。ですから、とても生き生きした新鮮な絵になっています。立体の付け方、陰影の表し方は、この作家の得意とする技術です。最後のページに、植物たちに潜んでいた動物が黒いシルエットで現れます。こちらはリアル。絵を描く時でも、こんな遊び心があれば楽しいですね。アクリル絵の具で描き、さらに色鉛筆とパステルで際立たせています。

≪翻訳の一部≫   翻訳:泉りき

丸々肥えたシジュウカラが四羽、ついたばかりの種をついばむ。満腹になった別の一羽が、どこかへ飛び立つ。大きなヘビに襲われそうになったスズメは、寸前のところで逃げ出す。リスは、そんなことにはお構いなし。やってくる冬の準備に夢中

チョウたちはその香りにつられ、花から花へ。二頭のヤマイタチがひなたぼっこの最中。足もとをトガリネズミが通っていくことにも気づかずに。草葉のあいだにうまく紛れるバッタは、音でどこにいるのかわかる。

faune&flore7faune&flore8-7faune&flore6faune&flore8-5

この絵本のお求めは:http://illust-euro.ocnk.net/product/408