ヨーロッパの一流イラストレータ イタリア、フランス、ベルギー、ドイツで活躍中のアーティストを紹介
   
 

ミュージシャンでドラムを担当するイラストレーターです

| 2018年01月25日 09:41 | 吉村正臣 |

Fanny Michaëlis  ファニー・ミカエリス(フランス)

1981年パリで生まれ。イラストレーター 、 コミック作家、ミュージシャンでもあります。彼女は、2003年にパリ国立美術学校のフランソワー・ボイスランドの絵画スタジオに入学しました 。その後ブリュッセルのサン・リュック研究所でコミックの基礎を学びました。最初の作品は、 2008年コミック雑誌The Muscle Carabineを出版。また、新聞ル・モンドや雑誌のインロックス等に掲載しています。2010年、アメリカの歌手ペギー・リーの人生についてのイラストレーションを発表しました。
2016年に出版されたLe lait noir(黒い牛乳)は、定期的に記事を書いているル・モンドや文学雑誌の趣とは変わり、1920年代半ばにベルリンのユダヤ人家族に生まれた彼女の祖父の暗い歴史に触発され、戦争の恐怖と暴力の間の緊張を鉛筆の微妙なデッサンで描き、大きな話題になりました。

この人は多彩な才能を持っていますが、ここではイラストレーションにのみ絞ってご紹介します。
Le lait noirの鉛筆画を見ましょう。ていねいでキレイなデッサンです。戦争の悲惨さが悲鳴を描くことなく、農夫達の暮らしぶりが、破壊される様子が静かに淡々と描いています。その鉛筆から、悲しさが伝わります。他の作品は、マンガの手法がいかされているのでしょうか。
作品のアイデアがおもしろい。また意味の深い物語が秘められています。何を言っているのか考えてみるのもいいと思います。色彩もキレイですね。

Fanny Michaëlis3Fanny Michaëlis5Fanny Michaëlis9Fanny Michaëlis16

イラスト・ユーロ絵本ショップは:http://illust-euro.ocnk.net