ヨーロッパの一流イラストレータ イタリア、フランス、ベルギー、ドイツで活躍中のアーティストを紹介
   
SSL グローバルサインのサイトシール
 

久しぶりにフレデリックの特長がよく出た作品。子供の顔がすてき!

| 2019年07月27日 20:33 | 吉村正臣 |

Frédérique Bertrand  フレデリック・ベルトラン  (フランス)

Concentre-toi
心はふわふわ

フランス語 翻訳付
出版社:ÉDITIONS DU ROUERGUE

 

1969年生まれ、長年第一線で活躍するフランスの人気イラストレーターです。ナンシー国立高等美術デザイン学校を卒業し、イラストレーターになりました。1999年ボローニャ絵本原画展で、ボローニャ・ラガッツィ賞受賞後、その知名度は一気に高まります。子どもの目線で描いた大人の姿、家庭や社会が彼女の得意な世界といえるでしょう。動く絵本PYJAMARAMA(ピジャマラマ)シリーズは、世界的にヒットしたのち、この絵本で久しぶりに、彼女らしい作風が戻ってきました。

何かをはじめても、すぐに気が散って、つい別のことに気がいってしまい、目の前のことがおろそかになる。「集中力がない」と言われる子どものようすを描いています。宿題があるのでしょう。まず場所を選ぶ。ようやく座り、本を開いても、外の風景が気になる。さらに頭の中で、別のことが思い浮かぶ。結局、何も手につかない。自分ではどうすることもできず、お母さんに相談すると「あれこれ考えず、ひとつのことだけに集中しなさい」と言われる。集中するって、どうすればいいの?ひとつのことって、どこに気持ちをむければいいの?そんな子どもの内面を、やさしく描いています。

フレデリックの特長がよく出た作品。子供の顔がすてきです。ガッシュ、パステルを使い、きれいな色彩。別の紙をコラージュしたりもしています。子供の視線から描かれています、ですから、大人がとても大きく描かれたり、遠くに見えるものはぐっと小さく描かれたりします。また。頭に浮かぶ物事が、きれいにデザインされて描かれます。この作品は、空間が美しく、爽やかな絵になっています。日本でも愛される絵でしょう。

≪翻訳の一部≫  翻訳:泉 りき

キッチンにいたり、いなかったり。
呼ばれたので、耳を傾ける。

本を読む。字を目で追う。
目の前のことだけを考えようとするけれど。

空を飛ぶ鳥を見つけて、鳥になった気がする。
木で休む鳥を見つけたけど、心は鳥から離れている。

 

この絵本の求めは:https://illust-euro.ocnk.net/product/464